検索の未来はよりSocialに?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日のNews Deep Diveはこちらの記事。

「Googleは使わない、SEO対策しているから——Instagram有名人のGENKINGが語った10代の「リアル」」

この記事、結構巷でバズりましたよね。

確かにtechcrunchとか読んでるような層にとっては今の若者の感覚は衝撃ですよね、僕もです。

ざっくり言うとこんな感じです。

・福岡で開催中の招待制イベント「B Dash Camp 2016 Spring in Fukuoka」で「次のビジネスを仕掛けるなら、Instagramに乗れ!」と題したセッションが行われた

・Instagramで人気を集めるGENKINGさんのほか、フェイスブックジャパン代表取締役の長谷川普氏、セプテーニ・ホールディングス代表取締役社長の佐藤光紀氏が登壇

・Instagramを積極的に利用する10代20代の実態、そしてInstagramを利用したマーケティングの現状が語られた

ざっくりというと以上なのですが

問題はこの中で語られた現状です。

特にGENKINGさんが語った

検索ツールとしてのInstagramとそれに紐づくGoogle検索はリアルじゃないって部分はまじかよ!?って感じです。

Instagramを検索ツールとして若者が使っているのは聞いていましたい、

まあ画像要素だけで頭使わなくていいってのが楽なのかなと思います。

しかしGoogle検索はリアルじゃないって感覚はさすがに驚きでした。

SEOとかリスティングがあるからリアルじゃないって本当に若い子たちは思ってるのかな?

それともGENKINGさん個人の感覚なだけであって

それ以上でも以下でもないのか。

この感覚が若者の総意だとすると

彼らの興味関心の範囲が

完全に趣味とか個人の仲間の領域に閉じているってことなのかなあ。

そういう意味でこれまでの検索は

より知りたいことをクイックに知るためだけのツールになっていて

そこから先は求めていないってことなのかな?

いや僕も全く結論が出ないまま書いているのですが

こうやって知りたい欲求がなんとなく閉じていくのはもったいないなあなんて思います。

うーん、でも一方でSNSでコミュニケーションの気軽さが

より拡張されたのは当然素晴らしいことで。

これが時代の流れなのかなあ。

検索はこのあとどうなるのかな?

検索が今のInterestな部分だけではなくFlowなところに対応するように進化するってのはありますよね。

妄想が止まらないのは

Googleが産み出した検索ってサービスが人間の心理に深く根付いたサービスである証拠なんでしょうね。

ま、多分ですが。

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です