アリでも分かる組織の効率論

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日のNews Deep Diveはこちらの記事。

「働かない働きアリ 集団存続に必要 働きアリだけは滅びる」

この記事個人的にはかなり興味深かったです。

というかこんなことを研究している北大のチームが面白い!

ざっくり言うとこんな感じです。

・コロニー(集団)の中に必ず2〜3割いる働かない働きアリは、他のアリが疲れて動けなくなったときに代わりに仕事をし、集団の長期存続に不可欠だとの研究成果を、北海道大などの研究チームが発表した

・これまでの研究で、働くアリだけのグループを作っても、必ず働かないアリが一定割合現れることが確認されている。仕事をする上では非効率な存在で、働かないアリがいることが謎だった

・チームの長谷川英祐・北海道大准教授(進化生物学)は「働かないアリを常駐させる非効率的なシステムがコロニーの存続に欠かせない。人間の組織でも短期的な効率や成果を求めると悪影響が出ることがあり、組織を長期的な視点で運営することの重要性を示唆する結果ではないか」と話している

これが人間の組織に置き換えることができる話なのかは置いておいて、

そもそもこれって働かないアリっていうネーミングが問題だと思うんですよね。

いや、働いてない訳じゃなくて休んでるだけや!と。

まあこれは、

アリでも全人員が働くとそのうち効率が落ちるって話を理解しているってことが肝だと思いますが。

この話の何が凄いかというと「1匹ずつ異なる色を付けて個体識別した上で1カ月以上にわたって8コロニーの行動を観察」したっていう

その執念が凄いですよね。

これを持って、

この人たちが証明したことは

働かないアリを常駐させる非効率的なシステムがコロニーの存続に欠かせない

ってことですよ。

それは正直わかるだろうと。

でもそれを実際に証明することの大変さは想像を絶する訳で。

研究者の方って純粋に凄いなあと思って感心してしまいました。

あと皮肉にもというか

アリですら理解しているような

組織運営の効率の話を

全く分かっていないブラック企業がこの世の中にはあるってのも面白い。

そこの経営者には是非この記事を読んでもらいたいですね。笑

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です