関関同立という井の中の蛙

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日のNews Deep Diveはこちらの記事。

「関関同立+近 10年後の激変 関西有力私立5大学を徹底比較!」

我が母校、関西大学も含まれる関関同立についての内容です。

ざっくりいうとこんな感じ。

・関西の有力私立大学について、現状と未来をさまざまなデータで比較

・伝統の関関同立に加え、旬なのは、一般志願者数で日本一になった近畿大学

・産近甲龍からは頭一つ抜け出して、4大学を猛追している

関関同立とそこを猛追する近畿大学の計5大学を

様々なデータから比較した記事ですね。

確かに関西圏で生活するなら

関関同立のブランドって結構すごいものがあるなあというのが

大阪で4年暮らした僕の感想です。

反対に社会人になって東京で暮らしてると

その知名度のなさにはまあ驚きます。

東京の人は関関同立って言葉は知ってても

関西大学と関西学院大学の違いなんて分からんわなあと。

僕が今いる会社はいわゆる大きい会社で

高学歴と呼ばれる大学を卒業した方がたくさんいます。

今一緒に仕事をしている二人は慶応と早稲田の卒業だし、

他の人も東大卒とか東京工大卒とか一橋卒とか。

そんな中、

関西大学卒業の僕は

完全に場違い感もあるのですが(いや僕が勝手に思っているだけなのですが)、

仕事には全然関係ないのでなんとかやっています。

どこの大学を卒業しても

正直仕事にはあんまり関係ないなあと思いつつ

とはいえ自頭の良さってのが関わってくる場面もあるなあとは思います。

何が言いたいかというと、

関西圏(しかも私大のみ)だけの大学比較なんて非常に井の中の蛙感が満載やなあということ。

とはいえ僕みたいな卒業生にとっては面白い記事だったりもするので

別に悪いとは思いません。

ただこの記事を見て一喜一憂したりするのは

意味が全然ないんだろうなあとただただ思ったという感想でした。

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です