横展開も期待の医師事前登録制度

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日のNews Deep Diveはこちらの記事。

「「お客さまの中に…」はもう不要?医師の座席情報を把握 国内初、JALと医師会が新制度」

JALと日本医師会の新しい取り組みに関しての内容です。

ざっくり言うとこんな感じです。

・日本航空と日本医師会は3日、医師が飛行機に搭乗する際、日航側が座席情報などを把握できる「医師の事前登録制度」を導入すると発表

・国内航空会社では初の取り組みで、日医は他社への拡大も検討

・登録は任意だが日航のマイレージ会員で、日医が発行するICカード型資格証を持つ医師が対象。登録した医師への特典として、上級マイレージ会員向けの空港ラウンジを開放する

いやー、面白い取り組みですよね。

それを完全に認めた上でこの施策が二者間にどんなメリットがあるのかを考えてみたいなと思います。

まずJALでいうと医師の素早い対応が期待できるということでユーザーからの安心感の醸成?

日本医師会はなんでしょう?これはJALからお金もらってるのかな?

でもこれ記事を読む感じ医師会からの提案っぽいんですよね。

他の航空会社にも広げるような話題も出ているし。

もちろん利用者にはとても嬉しい施策だと思うのですが

なんかあんまり組織としてみたときに

お互いのメリットがあんまり見出せないなあとちょっと感じました。

ただこの施策って

例えばテロ対策に警察とか

パニックを起こした人のためにカウンセラーとか

いろいろ応用が利きそうで

そういう意味でも面白いんですよね。

みんなを登録させるためにはもっとインセンティブを考えてあげる必要があるとは思いますが(プライベートで誰も働きたくないだろうし)

今後の展開に注目なニュースだなと感じました。

したっけ、またね!

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です