妄想が広がるローソンの廃油発電

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日のNew Deep Diはこちらの記事。

「からあげクン」が2度おいしい…廃油から発電へ

ローソンの新しい取り組みに関しての内容ですね。

ざっくりいうとこんな感じです。

・コンビニ大手のローソンが、からあげクンなど店内で調理した際に出る廃油から電気を作り、店舗で使用する取り組みを始める

・仕組みとしては、からあげクンなど揚げ物を調理した後に出る植物性の廃油を各店から集めてバイオディーゼル燃料に加工し、店の発電機で活用する

・ローソンは、このバイオマス発電の1号店を2月5日、兵庫県姫路市にオープン予定。さらに、この店では屋上の太陽光発電やLED照明などを組み合わせることで、これまで電力会社などから買っていた電力を2010年度に比べて約7割削減する見込み

電気代をこれまでの7割削減ってめちゃめちゃすごいですよね。

この兵庫の店舗の規模と、

どのくらいの店舗から集めた廃油でこれを賄うのか気になりますが。

あとなんでこの店舗は兵庫なんですかね?

ちょっと検索してもローソンと兵庫のつながりがあんまり見えてこなかったのでなんとなく気になりました。

将来的に全店舗でこんなことができればとても面白いですよねー、

逆にコンセプト店としてナチュラルローソンみたいな店舗にしちゃってもいいのになーと思いました。

あとこの仕組みを家庭用に活用できる仕組みがあれば

ローソンの新たな収益減になるかもなんて思っちゃいます。

こうやって一つのニュースで色々と妄想が日広がるニュースってなかなかないので

一人で楽しい気分になりました。

こんな風に

展開がどんどん考えることのできるニュースがもっと増えたらいいなあなんて思います。

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です