凸凹人材からの山型人材を目指そうと思った話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は月曜。

なのになんだか忙しくてブログの更新もこんな時間になってしまいました。

サクッと思ったことを書いて終わろうと思います。

T型人材って言葉があるじゃないですか?

幅広い知識を持ちつつ

特定の分野に関しては極めている人間のこと。

本当にこういう人になれたら素晴らしいと思うのですが

極めるって定義が曖昧じゃないですか。

今の時代の極めるって本当に極めきってないと

中々生きていくのが難しいと思うんですよね。

それこそイチローとか、

広告の世界では電通の岸さんとか。

あの辺まで行っちゃうと横のベースも上がっているので

もはやT型ですらないかもしれないですが。

いやなにが言いたいかというとT型を目指すって結構リスキーだなー話なんですよ。

中途半端な凸型人間に終わってしまう気がしていて。

しかもこの分野でT型を目指そうと思っても

実はそこが向いてませんでしたとか普通にあると思うので。

で、僕が思ったのはまず目指すべきは凸凹人材だなと考えたんですよ。

要はとんがってるところはいっぱいあるんだけど

どれも今ひとつ突き抜けない。

そんな人をひとまずは目指そうかなと。

で、そこから自分に向いているいくつかが自然と伸びていって

山型人材くらいになれればいいなあなんて思っています。

一つのものを極めきることは

僕の性格上難しいだろうし

なんとなく突き抜けたところがいくつかある。

そんな奴が案外重宝されたりするのかなあと思っています。

いやー、本当にどうでもいい話で恐縮ですが

今日はこんな感じで。

したっけ、またね!

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です