ファン作りのためのプラットフォームと捉える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日のNews Deep Diveはこちらの記事。

クラウドファンディング「Makuake」、企業向け新製品開発サポートプログラムを開始」。

クラウドファンディングで有名なサイバーエージェントのサービス、「Makuake」に関する記事です。

ざっくりいうとこんな感じです。

・サイバーエージェントクラウドファンディングは自社プラットフォーム「Makuake」において、企業向けに新製品開発サポートプログラム「Makuake Enterprise」の提供を開始すると発表

・Makuake Enterpriseは、クラウドファンディングサービスでは国内初となる企業向けプログラム

・料金は、プロジェクト1件あたり100万円からになる見込み

「Makuake」の企業向けサービス、「Makuake Enterprise」の発表に関する内容ですね。

個人的にクラウドファンディングをどう企業が生かしていくかということにはすごく興味があるのですが

なかなかやり方って難しいと思うんですよね。

特に大企業になればなるほど。

だって、いやいやお前らこんな所で資金募集する必要全くないやん!どんだけお金持ってんねん。と確実に突っ込まれるなあと思うので。

単純に資金集めという側面からだけ見ると難しいと思うのですが

クラウドファンディングはもう一つ、

ファン作りという意味で大きな意味を持つサービスだと思っていて。

自分がお金を提供してでも応援したいと思ったサービスなら

ユーザーは自然と愛着を持ってくれる。

いくらCMを大量に投下しても得ることができないかもしれないファンを

プロモーションの最初期から獲得することができる。

大掛かりなマーケティング予算を使わず

小さくてもまずはファンを作り

そこから徐々に徐々に広げていくという非常に今っぽい手法が使えるプラットフォームだなと。

大企業がこれを利用する際には

インセンティブの与え方なのか、

目標設定なのかを

きちんと設計する必要があると思いますが

なんか使う余地のありやり方だなと思っています。

「Makuake Enterprise」が一体どんなコンサルをしてこれらを設計するかはこれからの動向を見守っていきたいと思いますが

個人的には非常に注目しているので是非頑張って欲しいなあと思います。

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です