PR記事は自分に言い訳をつくると身をもって実感

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日のNews Deep Diveはこちらの記事。

新セブンカフェドーナツを食べてみた–口どけの進化に驚き!正直、こんなに変わるとは思わなかった

セブンイレブンが注力しているドーナッツが、全面リニューアルされたという話ですね。

ざっくりいうとこんな感じです。

・セブン-イレブンの「SEVEN CAFE Donut(セブンカフェドーナツ)」が全面的にリニューアルされ、1月19日から新バージョンで販売される

・新商品6種をえん食べ編集部で試食してみたらびっくりの美味しさ

・すべてを食べてみたスタッフによる「また買いたいドーナツランキング」をご紹介

まあ単純にPR記事ですね、おそらく。

PR表記がないのが若干心配ですが。。。

で、なぜ僕がこれを今回セレクトしたかというと、

この記事を見てドーナッツを買いたくなってしまったからなんですよね。

僕は一応広告代理店に勤めてるので

これPRだなあとかその辺のリテラアシーはある程度持っているつもりです。

この記事を見たときも

タイトルでああ、PRだなあと思いました。

でも内容が自分の好きなセブンイレブンのドーナッツであったこと、そしてそれがリニューアルされ美味しくなったという記事の内容。

この2点で

分かっていながらもすぐに購入意向が上がってしまいました。

これまで僕は、ベタベタなPR記事に対して非常に懐疑的だったんですね。

こんなの実施したところで今のユーザーはリテラシーが高くなってるし

あんまり意味ないんだろうなあと思っていました。

でも自分が一ユーザーとなったときに、

自分が好きな商品であれば(かつコンビニなどですぐ買える低関与商品であれば)、

その記事が自分が商品を買う言い訳として作用するので

きちんと購買意向の上昇に結ぶつくんだなあと身をもって実感しました。

やっぱり理屈じゃなく、

何事も自分で体感してみないとわからないことは多々ありますね。

またPR記事もむやみにばらまくのではなく

きちんとファンがいるセグメントの媒体を活用すれば意味のある施策なんだなあと。

人の心理は分からないですねー、だからこそ面白いんですが。

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です