「半径5メートルの野望」はあちゅう:夢を予定にする人生

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書評、久しぶりですね。

僕は週に1冊は必ず本を読むことを自分の習慣にしているので、これからは忘備録的に読んだ本の感想を書いていきたいと思います。

今回ははちゅうさんの「半径5メートルの野望」。

はあちゅうさんはブロガー・作家として活躍中。

元大手広告代理店⇒ベンチャー企業⇒フリーとなんだか最近のバリキャリ女子たちが最も憧れ、私もこうなりたい!と思うようなキャリアを歩んでいるお方です。

最近は「スッキリ!」にもコメンテーターとして登場しており、本当に幅広く活躍中。

ちなみに僕は、はあちゅうさんがYoutubeで配信しているゲスアワーの大ファンです。笑

さてこの本。第1章を読んでいて正直、あれ?と思った。

なんだか愚痴が多い…?

ブログやSNSならまだしも書籍でこの内容ってどうなんだろう?と。

しかし読み進めていく内にこれがこの人の持ち味なんだろうなあと思い直す。それどころかこの持ち味があるからこそ、この人はTVに出たり、書籍を何冊も発売したりといった僕から見れば大成功を収めることができたんだろうと感じた。

そして第1章のタイトルも「負を燃料に変える」。

個人的にはこのタイトルとっても共感できる。

僕も何かとコンプレックスの塊だった(正直今も)ので、この「誰かを絶対に見返してやるんだボケ!」という気持ちは本当に大事なんだなあと改めて思う。

その後も、はあちゅうさんが繰り広げる「夢の叶え方」は説得力があるというか、当たり前のことを誰よりもいつまでもやること(個人的何度でも読み返したい本No,1の「思考は現実化する」にも書かれてある)が結局成功への近道なんだと再確認させられる。

「達成できなかった1日が365日あっただけ」という箇所はいつまでも覚えておきたい名文句。

あとは夢をかなえる日を自分で決めておくというのはいいことだよね。

決めたら努力するしかないし。

自分の人生、なんかダメだなあとかいう甘えた思考に蝕まれそうなときに是非読みたい一冊でした。

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です