広告事例「La Place livestreams with a chef!」:予想外で人は動く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日の事例はオランダのカフェ「La Place」のアイデア。

内容には全然関係ないですが、

久しぶりの広告事例紹介です。

いやー、なんでかすご空いてしまいましたね。

ブログ自体は更新してたものの、

すっかり漫画感想ブログになってしまっていました。

気分も新たにこれから事例をどんどん紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

目的:話題になるキャンペーンを実施し、売り上げを伸ばしたい

アイデア:街中にカフェのシェフと話をしながら注文することのできるODMを掲出。「シェフと話をしてその場で注文することができる」というを通して注文数を増やした

アイデア構造:人が予想していない場所での体験(この場合、店に行かずとも注文できる)と自社のサービスを結びつける

わざわざカフェに行かなくても、

道を歩いていたらその場で注文することができるという意外性。

人が思っていないような場での意外な体験があれば

思わず行動してしまうものですよね。

こんなところで!こんなことができるの!という驚きは、

人を動かす動力になり得るんだなあと実感しています。

人を動かす仕掛けって他にもいろいろあるかと思いますが、

この施策はどんな意図で、

どんな仕掛けで人を動かそうとしているんだろう?と考えることってかなり大事な訓練なので

これからも引き続きやっていきたいと思います。

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です