広告事例「集中エクストリーム・メヌエット」:商品効能を最大化

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日の事例はサントリーさんの集中リゲインという商品のアイデアです。

以前にローンチ時のキャンペーンを紹介したことがありますが、

今回はそれの第二弾となります。

なんか前にも同じことを書いた気がしますが、

この商品のネーミングは本当に秀逸です!

集中力が欲しい時に飲む飲料だということがシンプルに分かる。

シンプルで直感的なものに対して、人はつい手に取ってしまうものですからね。

こういうネーミングの提案に対して、

きちんと選択をし決断できる。

サントリーという企業の素晴らしいところだなあと思いました。

 

 

 

 

 

 

目的:集中力を生む飲み物である、集中リゲインの特徴を訴求したい

アイデア:商品を飲んだ43人の人が一斉にコインを投げてグラスに入れることで音楽を奏でるという動画を作成した

アイデア構造:商品が存在することによって起こる効果を考え、その効果が最も発揮されるシーンは何かを考える

正直やっていること自体はめちゃめちゃ特別なことは行なっていないですが、

商品の特徴をどう伝えるのか?という点をしっかり考えたアウトプットですね。

あとはこの施策がバズるかどうかって

メディアをどんだけ出稿するか次第だと思うので。

メディアの出稿状況を超えてくるのがクリエイティブの力だとは思いますが、

その部分こそクリエイターに求められている力で。

中々難しい所もあると思いつつ、

自分の力を日々磨いていく必要があるなあと思っています。

したっけ、またね!

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です