広告事例「イオン気温ジャンボ」:注目してしまうものは何か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日の事例はイオンさん。

武井咲さんのCMはよくみますよね。

日本の広告事例の紹介って何気に久しぶりですね。

このブログ、

海外の事例の紹介が多いのですが、

検索ボリューム的な話でいうと

日本のアイデアばかり紹介したほうが絶対いいんですよね。

海外の事例なんて誰も知らないから検索しようがないので。

ただこのブログは、

僕と同じように

アイデアに詰まったアイデアマンのお助けを

僕なりにやりたいなってのが開設動機なので、

これからも自分が面白いなあって思ったものの紹介を

随時やっていきたいなと思います。

目的:全国的な暑さを利用してイオンへの来店を促進したい

アイデア:8月の1ヶ月間、その日の全国での最高気温に応じて金額が変動するプレゼントキャンペーンを実施。そのページ内で猛暑対策商品をあわせて訴求した

アイデア構造:天気や季節など人が注目せざるおえない事象と商品やブランドをどう絡ませるかを考える

今年の異常な暑さという

人がどうしても注目してしまうものを商品に絡ませた事例になります。

阪神が優勝したら

阪神百貨店がセールをやるみたいなことかなと。

露店で35℃以上になったら商品何割引とか

そんなこともできそうですよね。

世の中的な関心ごとと

商品の接点を見つけ出し、

その後、どのように人を動かすアイデアにつなげていくか?

トレンドにつねに敏感になりながら

プランニングをしていきたいですね。

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です