広告事例「レストラン・エム」:プレミアムは動機になる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は日本マクドナルドの事例です。

これまでのマックの広告っていわゆる認知向上に特化したものばかりで、

正直あんまり好きじゃないし記憶に残らないものが多かった印象です。

でもマック側としては新商品出たよ!っていう告知をマスを使って訴求していくだけで商品が確実に売れていたんでしょうね。

でも昨今の食品問題とか、

健康志向・オーガニック志向の広がりによって、

徐々に徐々に商品が売れなくなり今は本当に窮地だと思います。

そこで出てきたこのアイデア。

代理店を変えたのか。宣伝部の体制を変えたのか。

詳しい事は分かりませんが、

かなり楽しい施策だと思います。

目的:異物混入問題などで食品の質が問題視されているマクドナルドのブランドイメージを回復したい

アイデア:六本木ヒルズのマクドナルドを1夜限定で高級レストランに改装。新商品「フレッシュマック」で使用されている食材を使ったフルコース料理を提供し、食材の質の高さを訴求していく

アイデア構造:通常のモノをプレミアムに仕立てることで人のモチベーションを喚起する

この施策、7月27日実施予定なので実際にどこまでの効果があるのかは分かりませんが、

それでもマスCM一辺倒の施策をやるよりも

こういったPR効果のあることをやっていくように変わっていくことが重要だと思います。

僕も応募しようかなあ、興味ある!

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です