「動きのカガク展」21_21 DESIGN SIGHT:自らの体験が心に残る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回から新しく、自分のいったイベントや展示会の紹介もしていきたいと思います。

ただ、僕は結構写真を撮るのが苦手で、

撮るよりも自らの目でしっかりと見ておきたいタイプの人間です。

なので必然的に文字ばかりのものになってしまいますがご容赦ください。

記念すべき第一回目は、

六本木ミッドタウンの敷地内にある21_21 DESIGN SIGHTで開催されている「動きのカガク展」に行ってきました。

僕はこのギャラリー、初めて行ったのですが、

六本木という大都会にありながら緑に囲まれていて、

とても落ち着く場所で一発で好きになっちゃいました。

で、肝心の展示会ですが

タイトル通り「動き」をテーマにしており、

様々なモノの動きをアーティスト独自の視点で表現しているのが大まかな内容です。

僕はこういう展示会に行くとき必ず行っている自分なりの見方、スタイルがあって。

それはその作品の中で自分が一番よかった!と思ったものはなにか?ということを考えること。

別に僕はアーティストでもないし、

美大や芸大に通っていたわけではないので

各作品のここば素晴らしい!なんてことを詳細に語ることはもちろんできず。

でも大体の展示会には無数の作品が並んでおり、

その中の一つくらいには僕が心を動かされるものが間違いなくあります。

どれが一番自分の中で面白いだろう?そしてどうしてそれを面白いと思ったのだろう?っていうことを考えることが、

僕のような人間がアートを最もアートを楽しむことができる方法なんですよねえ。

そんな僕のスタイルで「動きのカガク展」を鑑賞した結果、

最も良かったと感じた作品は、

佐藤雅彦さん、桐山孝司さんによる「統治の丘」でした。

周りを無数の円錐に囲まれた丘の上に立つと、その円錐たちが一斉にこちらを向き、自分の指差した方向を向くという

まさに統治の体験ができる作品。

この作品の面白いところは一定の時間がたつと円錐たちが自分の統治から解放され、

各々バラバラの方向を向き始めるというところ。

諸行無常までも体感できるつくりになっており、

作者の皮肉が効いているなと。

丘の上にあるモーションセンサーで人の手の動きを認識しているようですが、

やはりあの自ら手を下さず、

モノが動いていくという漫画やドラマの世界を一瞬でも体感できるのはかなり楽しく。

普段自分が物理的に実現不可能なことが可能になったとき人は楽しさを感じるんだなと思いました。

作者の佐藤雅彦さんは現在、東京藝術大学や慶應義塾大学の教授をされており、

かつては電通に所属していた有名なクリエイター。

湖池屋の「ポリンキー」やNECの「バザールでござーる」など数々の有名なCMや

大ヒットした「だんご3兄弟」のプロデュースを手がけている佐藤さんだからこそ、

人が楽しくなるツボを知り尽くしてるんだなあと感じました。

他にもクワクボリョウタさんの「LOST ♯13」もいつまでも見ていたい作品だったのですが、

自ら動き、体験することができる「統治の丘」が自分の中ではやはりベストでした。

来週は横浜美術館で「蔡國強展:帰去来」に行ってこようかと思います。

そっちの感想もブログに書かせてもらいますねー。

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です