『知らないと損する 池上彰のお金の学校』池上彰:ニュースに意味を持たせる本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

またもやお金の話の本です。

この本は、もはや説明不要の有名人である池上彰さんが

私たちの身の回りにあるお金にまつわる様々なことを

噛み砕いて分かりやすく解説してくれています。

これを読んでいて改めて思ったことは、

普通の人が当たり前に知っていることを僕は知らずに生きてきたんだなあということ。

いや、これを知っていたから特別生活が豊かになるとかそんなことではもちろんなく、

そもそもそんな都合のいいことは中々ないと思うのですが。

でも広告のお仕事って基本的に企業の宣伝部とかマーケティング部とか社長室とか、

なんだかとってもお偉い肩書を持つ人たちと話す機会がとても多いんですよ。

やっぱりそういう人たちは当然、プロモーション領域だけでなく

それ以外の部分のことも含めて考えていかなくてはいけなくて。

流通の話、価格設定の話、商品品質の話などなど。

そんなときに広告のことしか分からない奴なんて正直お呼びじゃないんですよ。

「いや、それが面白いのは分かるんだけど今のうちの状態も考慮して話を持ってきてほしいなあ…」というのが彼らの本音です。

で、それになんとなく気付き始めたのがこういう風に一般常識的なことをきちんと学ぼうと思ったきっかけです。

本当に僕って大学のときも全然勉強もせず、だらだら無為に過ごしてきたんだなあと改めて実感。

まあでもどこかできっかけがないとこういうことを学ぼうとも思わなかったし、

逆にいうと、無理に学び始めても全然続かないことになってしまうので

このタイミングがベストだとポジティブにいきたいと思います!笑

そしてこんな本を読むと、

普段なんとなく聞き流しているニュースが意味を持ったものになってきますよね。

日本はインフレ傾向にありますみなたいなことも、

ていうことはお金の価値が下がっているってことかあ、ならお金をこの時期は使うべきだな!とかね。

あとお金を使うことが悪いことみたいな思想ってなんとなくあると思うんですが(特に田舎出身の僕なんかは特に)

それもかなり払拭されました!

投資とかデイトレとかにも今は興味津々の時期なので、

今後はそっち系の本を読みつつ下期には実践に入っていこうと思います。

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です