広告事例「NEWSPAPER FES!!」:トレンドで1が100になる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の事例ですが、正直やっていること自体は真新しいものではないかと思っています。

ただこれをどの媒体で実施するのか?誰を起用するのか?いつやるのか?

という視点から考えると、

一気に魅力的な企画になってくるかと思います。

この視点は新しいのか?面白いのか?という部分ももちろん大事ですが、

それと同じくらいトレンドを意識することも重要だなあと改めて感じました。

 

 

 

 

 

 

目的:北陸地方の新聞である北國新聞が、新聞広告の新しい価値を示したい

アイデア:紙面上にスマフォをかざすことでアーティストが現れ、彼らのパフォーマンスをみることができるARアプリを開発。さらに北陸新幹線の開通に合わせ、その土地に縁のあるタレントを起用した。

アイデア構造:シーズナリティを生かし、今の時期に最も話題性のあるメディア及び人は誰かを考える

金沢出身の中田ヤスタカを起用したことで彼のプロデュースするきゃりーぱみゅぱみゅ等のアーティストもフェスに参加させることに成功。

この企画に関してはARアプリ云々の話は本当にどうでもよくて、

北陸新幹線の開通というタイミングを生かすこと、それを実施できたことが最も重要かなと。

こういうトレンドを意識した企画ってやっぱり企業としても実施しやすいと思うので、

是非自分も提案していきたいなと思います。

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です