広告事例「LOT Business Class // Ambient in the cinema」:フラット思考に驚きを加える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の事例、映画館をメディア化している所も面白いですし

なによりこの施策により誰も嫌な気持ちをした人がいないっていうのが良いですね。(いや、映画の前にガヤガヤしてうるさいんじゃ!って人はいたかもしれませんが…)

映画館という場所の特性上、前列の席はどうしても敬遠されがちで、もしその席になってしまったら「ついてないなー」なんて気持ちになりますよね?

その嫌な席に座ってしまった人達を、意識的にせよ無意識的にせよ楽しい気持ちにすることが出来ているとても良い施策だと思います。

 

 

 

 

 

 

目的:ポーランド航空のハイクラスシートを話題化させたい

アイデア:映画館の最前列をメディア化。シートを丸ごとハイクラスのシートに変え、映画が始まる前にハイクラスで受けることのできるサービスを提供した。

アイデア構造:商品特徴を訴求する事の出来るメディアをフラットに考え、そこに驚きの要素(シートを丸ごと変える・ハイクラスのサービスを提供する)を加えることで話題化を狙う。

映画館のスクリーンを利用してあたかもその場所が飛行機の中であるかのような演出の仕方も面白いですよね。

PRの効果もありそうな気がします。

あとは実際にこの施策の後にどの程度数字が伸びたのか?みたいな部分も注意して確認していきたいところだなと。

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です