広告事例「Tui Catch A Million」:メディアに合わせた目立ち方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の事例は昨年のカンヌに出展されていたお仕事。

なんかあまり話題になっていなかった気がしますが、

これかなり面白い手法だと思うんですよね。

個人的には結構お気に入り。

 

 

 

 

 

 

目的:ビールブランドである「Tui」の認知を高めたい

アイデア:ニュージーランドの国民的スポーツであるクリケットを活用。Tuiが制作したオリジナルユニフォームをきてクリケット会場にいきホームランボールをゲットすると現金が貰えるというキャンペーンを実施。

アイデア構造:商品と相性の良いメディアをフラットに考え、そのメディアでいかに目立つか?いかに取り上げられるか?を考える

この事例で面白いのはクリケットのテレビ中継を有効活用していることです。

ホームランという試合で一番盛り上がる部分を取り上げて、確実にテレビ映り込む仕組みを作り上げている。

他人の土俵で勝手に盛り上がっているのですが、

それで会場側も困っていない、むしろ来場者数も増えるため文句も言われない。

クリケットというスポーツをメディアにしている所がかなりユニークな企画になっていると思います。

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です