結婚で得られる幸福や満足感

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚をしてずっと幸せな人ってどのくらいいるのだろう?

例えば以下のページを参照すると

http://www.garbagenews.net/archives/1892492.html

離婚の数は2004年をピークに下がってきているようだ。

でもそれは=結婚に対して不幸せを感じている人が減っていることにはならない。当たり前だが。

定量的な数値でそれを測るのはどうすればいいのかな?

定点で結婚への満足度調査みたいなことをすればいいのか。

なぜ今こんなことを思っているかというと

例えば離婚してなくても

生活をする上で様々な不満を抱えている人は大勢いて

その事象は結婚するからこそ起こりうるものなのではないかと

ふと思ったからだ。

付き合っているだけなら感じない

不満や不幸を抱えることが分かっていても

人はなぜに結婚をするのだろうか。

それを超える幸せがそこにはあるのだろうか。

もちろん

結婚っていいものだよって言う人もいる。

でもそれが本音だなんて誰もわからない。見栄かもしれない。

とはいえ

別にこんなことを書いている僕も

絶対結婚なんてするか!なんてことは思っていない。

むしろそのうちしたいと思ってる。

ただそれは自分の個人的及び社会的な見栄え及び満足度を高めるための手段以外の何物でもない。と思う。

そんなロジックを飛び越えて

全身全霊で人を愛することは

多分もうないんじゃないかなあ。

もう懲りてしまった気がする。

まあもちろん、人生はわからないのだけれど。

そんなことを

仕事の最中の息抜きというか

現実逃避として書いている。

夜は長い。

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です