意見を戦わせるということ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日、

クリエイティブチームのCDと映画の話をしました。

この前、僕が感想を書いた『沈黙』に関して。(『沈黙』に関しての記事はこちら

やっぱりなんらかのコンテンツに関して感想を語り合うってのはいいですね。

これはあれなのかな。

自分の意見に対して

他社と共感してもらってことに人は喜びを見出すものなんですかね。

逆に意見が全く合わなくても

そこになんらか納得感だったり満足感があればいいものなのか?

結局は自分の尊敬する人との会話で共感を得る=自己肯定感を得ることができれば満足できるのが人なのかもしれません。

なんだか僕は映画は一人で見にいきたい派で。

なぜだろう?と考えていたのですが

これはあれですね。

自分の考えをしっかり深めてからでないと話をしたくないタイプの人間だからですね。

で、その深まった意見を誰かと戦わせ、

そこに自己肯定感を得ることに喜びを見出す。

頭のキレが抜群の人は

その場で自分の思考をさっさと深めることができるものなのかしら?

なんかつらつらと書いてしまった。笑

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です