『How Google Works』エリック・シュミット/ジョナサン・ローゼンバーグ:真似したくても真似できないGoogleの方針

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界最大のテクノロジー企業であるGoogleで

社員はどんなマインドで、どんなやり方で働いているのか?

僕が今週読んだ『How Google Works』は世界中の人が関心を寄せるであろうそんな内容を

元CEOであり現在は持ち株会社、Alphabetの会長を務めるエリック・シュミットと

Alphabetアドバイザーのジョナサン・ローゼンバーグが明かした一冊だ。

Googleといえば無料のカフェテリアや卓球台・ビリヤード台などのプレイルームの存在を筆頭に

派手で縛られない働き方をしているというのが一般的に有名だと思う。

しかし、

それは単に自分たちの財力を社外にアピールをしたいからやっているわけではなく

ある戦略のもと

マウンテンビューだけでなく各国のリージョンでも同じ方針が貫かれている。

それは彼らが”スマートクリエイティブ”と呼ぶ人材たちを集め、自由を与え、社内で働いてもらうことで最高のプロダクトを作るという

いたってシンプルな方針だ。

本書で説明されている

スマートクリエイティブたちを集め、彼らに自由を与える。

そして常にユーザーファーストの視点から最高のプロダクトを開発する。

そうすればお金は後から付いてくる。

このGoogleの根本的な考え方は

一見非常に当たり前のことにも思える。

しかしそれを実行するとなるとそれは本当に難しい。

例えばスマートクリエイティブを集め、彼らに自由を与える。

まずこの最初の段階からしてハードルが高い。特に日本の大企業だとなおさらだ。

スマートクリエイティブはある意味非常に扱いにくい存在だ。

本書の中で彼らの特徴は以下だと記載されている。

・専門的なITの知識を持ち、実行力にあふれている。コンセプトを考えるだけでなく実際にプロトタイプを作ることができる

・データを扱うのが得意でそれを意思決定に生かすことができる。一方でデータに振り回されることがない

・競争心が旺盛で、努力を欠かさない

・好奇心旺盛で常に物事に疑問を持っており決して満足しない

・リスクを冒すことを恐れず、自発的で、あらゆることにオープンである

ざっとこんなこと要素が挙げられる。

どうだろう?

日本のサラリーマンでこんな人を見たことがあるだろうか?

本書にもこれらの要素を全て兼ね備えている必要はないと書かれている。

しかし能力的な話も

精神面の話でも

普通の大企業にいれば浮いてしまうような人材であることは間違いないだろう。

彼らを集めるだけでなく

そこに自由を与えることで最高のプロダクトを作る、という言葉上は非常に綺麗だが

実現が難しことを今もやり続けているからこそ

Googleの繁栄はあるのだろうと思う。

仕事柄、Googleの人と関わることが非常に多いのだが

確かにこのスマートクリエイティブにハマる人が多い。

常に疑問を持ち

ディスカッション好きで

自分の手を動かすことを厭わない。

Googleの採用方針が遠い日本でも行き届いている証しだなと感じた。

また本書の中で特に気に入ったのが「10倍スケールで物事を考えろ」という言葉だ。

要は目標設定を自分には達成できないであろうくらいまで大きくすることで

誰も考えつかなかったプロダクトや自身の成長を達成しようという発想。

私ごとで恐縮だが

今の仕事のモヤモヤ感が非常に払拭される言葉であり

自分の小ささを改めて思い知らされることになった。

小さい目標をちまちま立てるのではなく

10倍スケールのでかい目標を立て

そのためにはそう行動すべきなのかをもっと考えたいと思う。

Googleに入る、入らないは関係なく

今の社会で楽しく、しかも意味のある働き方をする上で

このGooglerらしさはとても大事なことだと感じる。

やっぱりGoogleはいい会社だなあ。いつかマウンテンビューに行ってみたい。

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です