『沈黙』が映し出す人間の本質

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頭をガツンと殴られた感じ。

映画『沈黙』を観終わった後の率直な感想は、こんな感じだった。

非常にありきたりだが

他に言葉が浮かんでこない。

舞台は17世紀の日本。キリスト教の弾圧が苛烈を極めた長崎の地で、師を探しに日本を訪れた司祭ロドリゴを中心に物語は展開する。

初めに言っておくと

僕はキリスト教徒ではないし

歴史に詳しいわけでもない。

なので非常に的はずれな意見もある気がするがご容赦いただきたい。

僕がこんな前置きをするのには理由がある。

それは作品内で弾圧を受ける江戸時代のキリシタン達、司祭ロドリゴ、日本の政府の気持ちが中々理解できなかったからだ。

キリシタン達は

踏み絵を強要され

そして実際にそれを行っても弾圧は終わらない。

拷問は終わらない。

そんなに苦しいことがあるならば

なぜさっさと分かりやすく棄教をしないのか?

ロドリゴにしてもそうだ。

もちろん彼は優秀な司祭であり、

人生のほとんどを神学を学ぶことに捧げてきたのだから

おいそれと棄教することに抵抗があることは分かる。

しかし自分さえ棄教すれば

罪のない人が死ななくてすむという状況でも彼は頑なに踏み絵を拒む。

それによって彼自身の精神が蝕まれているにも関わらずだ。

また作中、

ロドリゴは盛んに神に語りかける。なぜ、神はこのような試練を与えるのかと。なぜ、神は救ってくれないのかと。

しかし僕の感覚からいうと

実際の試練に対して神様が救ってくれないなんてことは自明のことであり

当時の人にしたってそんなことは分かりきってるんじゃないの?という風に感じる。

タイトルにもなっている”沈黙”は当然だと言うことだ。

しかしキリシタン達も簡単には棄教しない。

ロドリゴも神に救いを求めることをやめない。

更に言うならば

当時の政府がここまでしてキリスト教を弾圧したのはなぜなのか?

人を殺してまで拷問してまで

宗教を恐れたのはなぜなのか?

映画を観終わっても自分の中での問いが止むことはなかった。

今の時代とのギャップ。違和感。

そしてやっとたどり着いた答え(答えとも言えないくらいフワッとしているが)は「情報の格差」が根底の問題だということだ。

江戸時代、17世紀。

当然のことながらメールはない。電話もない。テレビもない。

世界中で何が起こっているのかなんて分かるはずもない。

そんな丸裸な状態が

僕の感じたギャップをもたらしているんだと思う。

具体的には以下のことだと思っている。

– なぜキリシタンたちは棄教をしないのか

→彼らの生活は今の100倍しんどい。娯楽もない。ただただ毎日働いて年貢を収めて人生は終わっていく。そんな生活の中での救いがキリスト教であり(彼らの認識はキリスト教を信仰していれば死後に天国にいけるという間違った認識なのだが。)、それを失うことは生きる希望を失うことと同義なのだ。

今の時代は人生を転換させることも可能だ。どんなに仕事がきつくても別の楽しみを見出すこともできる。

でも彼らにはそれがない。できない。

唯一の救いはキリスト教であるからこそ、棄教するくらいなら死を選ぶのだと思う。

– なぜロドリゴは棄教しないのか?

これも情報によるところが大きいと思っている。今の時代であれば様々な選択肢が存在するしそれらを簡単に知ることができる。

しかしこの時代、

棄教するなんていう世界は存在しないのだ。想像すらできないのだ。

生まれたときからキリスト教を信じ、勉強に励んできた司祭にとって

一本道から外れることであり、

存在しない世界に飛び込むのと同義。

もちろん人の死なんてみたくないが

とんでもない葛藤が生まれるのはこれが原因だと思われる。

– 政府はなぜ、キリスト教をここまで弾圧するのか

これに関してそもそもの始まりはキリスト教側にも問題があるようだ(人身売買とかね)。

しかし根本にある原因は、得体の知れない=情報がない宗教が蔓延ることで

現体制が崩壊することを恐れたんだと思う。

誰だって得体のしれないものは怖い。情報がないということは本当に恐ろしいことなのだ。しかも言葉が通じない。

今の時代だって同じだろう。

もちろん宗教差別みたいなものは表面上は存在しない。

しかし悪い言い方をすれば得体の知れないモノをあなたは喜んで受け入れるかと言われるとそれはかなり疑問である。

いい例が移民だ。

職がなくなるとか

治安が悪化するとか具体的なデメリットはもちろんある。

でも僕個人に関して言うと

移民に対してなんとなく嫌な気持ちを感じるのは多分知らないことの恐怖があるからだ。

情報が溢れかえっている今でさえそうなのだ。

江戸時代の日本で

得体の知れないものを恐れ迫害するのも分かる気がする。

長々と書いてきたが最後の移民に関しての部分からも分かる通り、

情報がどれだけ手に入りやすくなっても

人間の本質は変わらないのだと非常に思わされた。

それはこの作品で描かれたような差別や弾圧がいつ自分の身の回りで起こってもおかしくないということだ。

現に今、

アメリカではトランプ大統領誕生により

イスラム教徒への差別が日常的に起こっていると聞く。

人間は変わらない。

本質は変わらない。

その中で

どう生きるべきなのか。答えはない。

ただ知らないふりをするよりも

少しでも現実と向き合い、

どうすればいいのかを考えることこそが大事なんだと思っている。

今回、自分の知識がなかったこともあり

あえて映画の主題である”神の沈黙”に関してはあまり触れなかった。

この辺は宗教学をもう少し勉強して思う所があればまた書きたいと思う。

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です