2017年のコンサドーレ札幌

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あんまりこのブログでサッカーのことを書いてこなかったんですが

実は僕は小学校2年生から中学3年生までの約7年間、

選手としてプレイしていました。

高校では別の部活に入ったのですが

それ以降もフットサルやったりとかしますし

観戦の方も年に1回は現地に行くレベルですがしたりします。

で、

なぜに唐突にこんな話を始めたかというと

ついに明後日からJリーグが開幕するからです。

これまでそんなに関心を持っていなかったJリーグですが

今年は僕にとって

北海道出身者にとって特別な年です。

そう、

あのコンサドーレ札幌が2012年以来4年ぶりにJ1に復帰します。

The エレベータークラブ。

上がっても上がってもすぐに降格していく。

このクラブはまだJ1に定着したことがありません。

最も長いときで2シーズン。

同じくJ2でコンサドーレよりも順位が下だった

大宮アルディージャ、ヴァンフォーレ甲府、サガン鳥栖辺りがすっかりJ1に定着しているにも関わらず。

もちろん資金がないとか

練習環境とか

色々な負の側面は確かに存在します。

しかしそれでも

そんな要素を物ともせず

強くあるチームがみたい。

僕はずっとそう思ってきました。

そしてそう思っているのは僕だじゃないはずです。

2013年より、

かつてのキャプテン野々村芳和がクラブの社長に就任してから流れは確実に変わっていると思います。

東南アジアの人気選手を獲得することで

PRの獲得に成功。

また別の視点で小野伸二、稲本潤一というかつての日本代表で今でも絶大な人気を誇る選手を獲得。

その勢いで昨年ついにJ2優勝を果たし

J1の舞台に返り咲きました。

今年の目標は現実的にはJ1残留だと思います。

しかし今年はDAZNが巨額で放映権を獲得したこともあり

各種賞金が大幅に上がっています。

この攻めのタイミングにJ1に上がったことを必然と捉え

念願のJ1定着に繋げて欲しいなと思います。

今年はサッカー見に行きますよー。

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です