将来ロボットが補う可能性のある2.5次元領域

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、2.5次元って言葉知ってますか?

僕もなんとなく聞いたことはあったものの

その定義とかに関して調べたことはなかったのですが。

今クールに放送されている『男水!』というドラマに出演している俳優さんたちが「2.5次元俳優」と呼ばれていることから気になって調べてみました。

http://www.oricon.co.jp/special/49714/

どうやら漫画や小説などの2次元の世界と実写の3次元の世界の間を表現したものが2.5次元と呼ばれるそう。

間ってなんやねんという感じですが

代表的なものは

『テニスの王子様』のミュージカルがそれに当たります。

漫画を原作として

衣装や髪型、セリフまでを生身の人間が忠実に再現していることが2.5次元と呼ばれる所以のようです。

なんかそれって実写でもほとんど同じなんじゃ?って気もするのですが

実写だとどうしても

演出によってセリフも展開も変わってしまうことがありますが

2.5次元はあくまでも、どこまでも原作に忠実。

そこを逸脱することが許されない世界のようです。

なので実写の中でも

原作をどこまでも忠実に再現している作品に関しては2.5次元と呼ぶことができるそう。

解釈をするなってことなのかもしれないですね。

絵画の写実派と印象派の違いと考えると分かりやすいかもしれません。

しかし俳優さんもつらいですね。

ある意味演じるなって言われてるのと同じじゃないですか。

キャラの行動に対する理由を考える必要はなく

再現すればそれでいい。

あ、今書いてて思ったのですが

このジャンルならば将来アンドロイドが補える領域かもしれませんね。

なにかを忠実に再現するのは得意だ思うので。

この説以外とあるかもなあ、皆さんどう思います?

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です