センター試験なんて人生のただの一日だ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日から明日にかけてはセンター試験。

受験生のみなさんのほとんどは、やはり緊張していると思います。

もし失敗したらどうしよう?体調を崩したら?

僕も今から9年前、そんなことを思っていました。

当時の僕はお腹を崩しやすい子だったので特にそこを心配したり。笑

で、結果としていうと僕のセンター試験は散々だった記憶しかないです。

私立文系志望だったので3教科しか受けなかったのですが

目標とする8割には国語くらいしかいかなかったんじゃないかなあ。確か。

普段は9割いっていた世界史もなぜか全然だめだった気がする。

ちみみに僕は浪人しているので

センターは2回受けているのですが

どちらも大して良くなかったですね。笑

うわー、ダメダメやんって感じでした。

結局関西の某私立大に合格したので良かったのですが

センターでいい点取ってすべり止め確保や!っていう妄想はあえなく散って行きました。

それでも今、

僕はやりたかった仕事をしています。

こんな仕事がしてみたいと高校生のときに思い描いてた職になんとかつけて

忙しいながらに割りと充実した人生なんじゃないかと思います。

なにが言いたかったかというと

センター試験なんてもし失敗したって

その後の自分次第でどうにでもなるんですよ!絶対!

人生のただの一日でしかないんですよ、今日なんて。

僕だって思い描いていた理想のプランからは大分逸れましたが

それでも軌道修正して今はなんかええ感じになっています(まあ当時のプランがざっくり過ぎたってのもでかい気はしますが。本当に高校生の自分は馬鹿だった)。

まあ高校生からすると

そんなん知らんわ!絶対成功させたるんや!って感じかもしれませんし

それが間違いなくメンタルとしては正しいと思います。

でも今日が終わって

なんとなく失敗しちゃったかも、、って思っている子がいたら

別に大丈夫かもなって少しもで思ってもらえたらいいなあと思っています。

しかしセンターから9年。来年で10年かあ、思えば遠くまできたもんだですね。

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です