Casa BRUTUSから本屋の未来を考える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは最近、いつ本屋に行きましたか?

本屋なんて行かねーよ、買うにしてもAmazonで十分やんけ。

そんな人も沢山いることかと思います。

事実僕も、

Amazonはよく使います。

だってなんでもあるし、早いし。

要はとんでもなく便利なんですよね、Amazon。

その事実は動かしがたい。

でも

僕は本が好きで、更にいうと本屋が好きです。

毎週一冊

ジャンルは問わずなんらか活字の本を読むことをマストにしています。

毎週一回は

間違いなく本屋を訪れます。

Amazonはもちろん便利だけど

そこには出会いがない。

もちろんたまにはありますよ。リコメンド機能の精度も上がってるみたいだし。

でも

いい本屋に行った時の

この場所に来るまではこれっぽっちも買おうと思っていなかった本を

なぜか買ってしまうというあの経験は、Amazonではできないと思っています。

そんな本も本屋も大好きな僕は

以前ブログでもいつか広い意味での本屋になることを宣言しましたが、

そんな僕にドンズバの雑誌が今月のCasa BRUTUS。

特集「居心地のいい本屋さん」。

最近流行りの全国・全世界の様々本屋さんを紹介するという

言葉にしてみると非常にシンプルな内容。

でも紹介されている本屋を見ていると

これからの本屋に求められるものがなんとなく見えて来る気がします。

テーマは「体験」。

この先、

大型チェーン店のミニチュア版みたいないわゆる街の本屋さんの需要は間違いなく失くなっていくと思います。

その役割はAmazonが担うことができるから。

思いがけない発見、

そこでしか体験できないイベント、

そこでしか買うことができないもの。

このような付加価値をいかに本とミックスすることができるかが大事になって来るんだなと。

そう考えたときに

本屋の未来は地方にある気がしてなりません。

だって東京には”そこでしか”ってものの奪い合い、競争がとっても激しいから。

勝負するには一定以上の経験とセンスがないとなかなか難しい。

一方で地方は”そこでしか”に溢れていて勝負のやり方が無数にある。

これから本屋さんを開きたい!って思う人は

東京じゃなく(東京でも田舎ならまだあるかもなー)

地方を候補に入れるべきかもなあと思いました。

さらに”本”というメディアを考えたときの別の議論として

電子書籍とどう向き合うのか?というのがあるかと思いますが

ここは僕の中では意外とクリアで

キーワードは”コンテンツ力”なんじゃないかと思います。

この辺はまた追ってブログ更新しますね。

それにしてもCasaよかったなあ。

京都のRevolution Booksとか絶対行きたい。

コンセプトは神楽坂の余白と一緒なんだけど

立ち飲みってのがいいよねー、カジュアルさがあって。

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です