『まっ直に本を売る』石橋毅史:本が手元に届くまでの全容

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回も書評を書きたいと思います。

紹介するのは石橋毅史さん著の『まっ直に本を売る』です。

タイトルからも分かる通り、

この本は出版の流通方式に焦点を当てた内容で、

現在の主流になっている取次経由ではなく

直に出版社と本屋がやり取りをし

本の仕入れを行う手法に着目しています。

トランスビューという出版社への取材及び分析が主な内容なのですが

これまで本が好きだと言っておきながら

本がどのように本屋に届けられるのかということを知らなかった自分にとっては

とても興味深い作品でした。

そもそも取次という存在を知ってはいたものの

その意義というか

ぶっちゃけ流通まで出版社がやれば全部解決するんじゃないの?くらいにこれまでは考えていました。

しかし内情を詳しく知ると(というかよくよく考えると)

確かに本を作って売る人たちと

本を届ける人というのは役割は明確に異なっていて。

そこを内包するのは

コスト的にも非常に難しいことだと改めて気付かされました。

そして

そんな本の流通システムに

これまでとは異なる示唆を与えているのがトランスビューが採用している

通称”トランスビュー方式”。

取次を介すことなく

直接本屋とやり取りをする。

配送も自分でやる。

返本も本屋の自由にする。

この方式は出版社側(トランスビュー)も本屋側にもメリットを生む手法として注目されているようです。

ただ間違いなく言えるのは

これは取り扱い点数の少ない出版社だから成立するやり方であって

大手の出版社であれば間違いなくコストに見合わないんだろうなあということ。

その前提の上で、

これから自分の手で本を作りたいと思っている人であれば

検討するべきやり方であると言えると思いますし

こういう別の手法を模索しないと出版業界は立ちいかなくなっていくんだろうなあと感じました。

コンテンツが溢れ、

本に割く時間が奪われ

にも関わらず出版される本の数は何故か増えている今の世の中。

Amazonを始めとするECサイトの台頭で本屋もどんどん潰れています。

そんな中でも

やっぱり本が好きで

作家さんの考える世界観や表現や意志を

どうにか世の中に発信していきたいと思っている人は

これからもいなくならないと思います。

その中で

どうすれば今の世の読者の生活に即した形で

本を届けることができるのか?

よりいろいろな人に本を読んでもらうにはどうすれば良いのか?

様々なことを考えるきっかけになったなあと個人的には思いました。

本書を読んで真っ先に思ったのは

今後は、流通というシステムにコストをかけるという発送をやめたほうが良いのではないか?ということ。

すべての人がデジタルデバイスを持つようになった今の時代に即すためには

電子書籍という手段から逃れるすべはなく

確実に今後、徐々にかも知れませんが本はデジタルデバイスで読むのが主流になる時代がくる思います。

だからといって紙の本が全くなくなるかというと

そんなことは決してなく

例えば3Dプリンタを使って

個人で製本をし

手元に置いておきたい作品を読者が選ぶ時代。

そんな世界がくる気がしてなりません。

電子と紙。

双方が混在する過渡期にある今だからこそ

流通の今に迫った本書をとてもおもしろく読めました。

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です