子孫を残すため、人は趣味に投資する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お久しぶりです。

本当にゴメンなさい。

いつぶりなんだ!?というくらいの記事更新です。

言い訳をすると、

この2ヶ月ほど仕事が忙しくて忙しくて。

ほぼ毎日タクシー帰り。土日もほぼない。

みたいな感じだったので全然ブログが更新できませんでした。

やっぱり毎日更新するってのはなかなか難しいですね。

とはいえ

文章を定期的に書いて発信することは絶対やっていきたいことなので

これからは少なくとも週に1度は更新するように頑張ります。

さて今回はこの忙しい毎日がやっとひと段落つく

休日になにをやろうと考えたときに思ったことを書きたいと思います。

人が一日に使える時間は24時間。

これはどんな人でも変わらない絶対のルールです。

その中で

仕事をしたりご飯を食べたり眠ったりと様々な行動をとります。

その時間の使い方はは人それぞれ。

ですが大ざっくりと分けると

仕事

睡眠

食事

その他

という4つに分解できると思います。

上の3つは生きるためにやらなくてはいけないこと。

一部仕事をしなくても生きていける人も存在しますが

まあ一般的に大抵の人が仕事・睡眠・食事を一日の多くの時間に割いているかと思います。

じゃあそれ以外の時間。

つまりその他の時間になにをするのか?

季節によっても変わってくるかと思いますがエンタメ・スポーツ・勉強・レジャーみたいなものに多くの方は時間を使っている気がします。

この4つの割り振りの仕方でその人間のキャラクターがある程度形成されるなあと思うのですが

どうして人はこのその他というジャンルに時間を割くのでしょうか?

”生きる”ということを人生の目的として置いたときに

特にやる必要のないこれらの要素。

ロジカルに考えるとなんか腑に落ちないなあと思ったときに

そもそもの目的設定が間違っているのかもと思いました。

人間の生きる目的を”子孫を残す”という風に設定すると人がなぜその他に時間を割くのかが見えてきます。

仕事をして金を稼ぎ

睡眠をとって休息し

食事をとって力をつける。

生きるだけならこれで十分。

でもその人に人間としての魅力はあるでしょうか?結婚したいと思うでしょうか?子孫を残したいと思うでしょうか?

もちろん仕事がめちゃくちゃできてお金をとんでもなく稼ぐことができる人なら

子孫を残せるかもしれません。

でも、大抵の人はそうではない。

この3つをやっているだけでは生きるための力はついても

子孫を残すための力=人間的魅力をあげるということは達成できません。

だからこそ僕たちは

その他に時間を使って

自分のキャラを作っていくのです。

そしてそのキャラによって人間的な魅力が高まり

人は子孫を残す=異性に好意を抱かれるようになる。

僕らが趣味に時間とお金を使うのはこういう理由なのかもとなんとなく思いました。

キャラがついてそれが深まる度に人間的な魅力が上がっていく。

それを本能的にわかっているからこその行動なのかもしれません。

つまり異性に好かれたかったら

いかにして自分の時間をその他に投資できるかが重要なのかもなと。

こういうどうでもいいことをつらつら書くのは面白いですね。笑

やっぱりブログ、ちゃんと書こう。

したっけ、またね!

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です