Amazon新サービスは投資先として正解なのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日のNews Deep Diveはこちらの記事。

「アマゾン、動画サービス「Amazon Video Direct」を発表–「YouTube」に対抗」

アマゾンがYouTubeに対抗する新たな動画サービスをスタートしたという記事です。

ざっくりいうとこんな感じです。

・Amazonは米国時間5月10日、「Amazon Video Direct」(AVD)を発表した

・プロの映像スタジオと一般ユーザーの両方がサービスを通して自作動画を公開できる新しいオープンなプラットフォーム

・動画制作者は、自作動画をAmazonのストリーミングサービス「Prime Video」上で公開して、レンタル提供または販売したり、登録チャンネルを作成したりできる

このアマゾンのサービス、

いまいち特徴というか

優位点が見当たらない気がしました。

しかもかなり後発。

どうやら「Prime Vdeo」のコンテンツと

一般ユーザーのコンテンツが混ざっているように思えるのですが

それって今の「Prime Vdeo」の優位点=プロが作ったクオリティーの高いコンテンツを限定で見ることができる

って部分が薄れてしまわないかなーって気がします。

Prime会員じゃない僕がここでごちゃごちゃ言うのもアレなのですが

ちょっと心配になるサービスだなーと思いました。

ここにお金投資するよりも

Prime Videoのコンテンツ拡充に寄せた方が意味があるんじゃないかと思いつつ

今後の動向に注目したいと思います。

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です