絶対数と反応率のマジック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日のNews Deep Diveはこちらの記事。

「インスタでいま注目すべきは「マイクロインフルエンサー」:影響力が最大となる最適解」

最近では広告キャンペーンにも頻繁に使われているインスタグラマーに関しての記事です。

ざっくり言うとこんな感じです。

・ソーシャルメディア上で、インフルエンサーのフォロワー数がある閾値に達すると、オーディエンスのエンゲージメントは意外にも減少しはじめることがわかった。

・スポンサーつきでないインスタグラムの投稿に対する「いいね!」の割合は、フォロワー数1000未満のアカウントでは8%だが、フォロワー数1000~1万のアカウントでは4%になるという調査結果が明らかに

・ンスタグラムのフォロワー数が1万~10万となっているインフルエンサーの「いいね!」率は2.4%、100万~1000万および1000万以上となっているインフルエンサーでは1.7%

これって冷静に考えると自明の話ではありますよね。

ただプランニングしているときは

どうしても数は多ければ多いほどいい!という頭になってしまいがち。

でも確かに母数が多くなればなるほど反応が下がるのは当たり前で

反対に母数が少ない人は反応率はいいけれど

絶対数が下がります。

そのバランスを考えた際に

この記事内で言われている

マイクロインフルエンサー=1万~10万のフォロワーを抱えるインスタグラマーだという話です。

多分この数の定義は今後のInstagramの成長規模に準じて変わってくるとは思いつつ

プランナーとしては

こういった絶対数と反応率という観点は常に持っておかないと

怖い目に合う気がしますね。

別にこれってInstagramに限った話では決してなくて

これからどんなメディアやプラットフォームが出てきても

常に付きまとう問題だと思います。

きちんと数の問題は意識しながら

プランニングはしていかなきゃなーと思いました。

したっけ、またね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です